英語の周波数聞き取りに役立つリスニング教材

イメージ左

日本語と英語の周波数の違いを克服する

日本語の周波数と英語の周波数は違うと言われています。

日本語に比べて英語の周波数は音域が高めのため、普通に英語を聞いても

日本人にはもともと聞き取りにくいのです。

これが日本人が英語を勉強し続けても、なかなか聞き取れない、話せない原因です。

この周波数の違いを克服することが、英語を早く身につけられる近道です。

英語の周波数聞き取りにおすすめのリスニングパワー

キーワードを含め紹介(右より画像)

リスニングパワーは日本語と英語の周波数の違いに着目した教材


日本語は母音を伴う音素が他の言語よりも比較的多く、子音の比率が他の言語に比べて

少ないという特徴があります。英語は子音が多く、最小発音が単語レベルなため、

日本人には聞き取れないことが多いです。


子音と母音の違いは周波数にあります。母音の多い日本語の周波数は子音の多い

英語の周波数に比べて低いので、日本人には聞き取りづらいのです。


リスニングパワーは日本人に聞き取れない子音の音を

認知できるようにトレーニングします。


英語の周波数聞き取りに最適なリスニングパワーの驚きの効果

キーワードを含め紹介(左より画像)

30日で英語耳になれるリスニングパワー


リスニングパワーは英語発音のスペシャリストである、言語学者

スコットペリーが開発した教材。スコットペリーは、俳優の真田広之さんや

浅野忠信さんをはじめ、数々の有名芸能人を指導し、短期間でハリウッドで

通じる英語力に仕上げました。


スコットペリーはこれまで25年間にわたり2000人以上の日本人の

発音矯正を指導。多くの日本人を短期間でバイリンガルに育てて来ました。

この彼の指導力がつまったリスニング教材がリスニングパワーです。


早い人だと、2週間ほどで英語が字幕なしで聞き取れるようになるようです。

リスニングパワーを聞くと、英語耳になるだけではなく、英語の思考回路ができるようになります。

発音も良くなるので、英語が効率よく身につくようになります。

また、周波数を矯正することで右脳が活性化し、集中力や記憶力が上がります


英語速聴教材ランキング

おすすめの英語速聴ソフトやCDのランキングはこちら→英語速聴教材ランキング

おすすめの英語リスニング教材ランキングはこちら→英語リスニング教材ランキング

英語の周波数の聞き取りに役立つリスニング教材をご紹介します。

リスニングパワーは日本人には聞き取りにくい子音の高音域を認知できるように、脳と聴覚に働きかけて英語耳を育成するリスニング教材です。リスニングパワーを聞くだけで今まで聞き取れなかった英単語もハッキリとクリアに聞こえるようになります。

日本人の英語力がなかなか上達しない理由は、周波数にあり、リスニングパワーを通して右脳を活性化することでリスニング力が上がるだけでなく、集中力や記憶力もアップします。

発音も良くなり、全体的な英語学習能力が上がります。

リスニング力、ヒアリング力を飛躍的にアップさせたい方にはおすすめのリスニング教材です。

Copyright © 英語周波数の聞き取りに役立つリスニング教材 All rights reserved